2009年09月12日

一人で見るのは怖い映画上映会

シアホリ主催でやりました。
見たのはこれ。


ドッグヴィル スタンダード・エディション [DVD]

ドッグヴィル スタンダード・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD




見終わった後の疲労感がすごかった。
いやあ、疲れた。
疲れたのは3時間もある上映時間だけではなくて
そのヘビーな内容にあるのです。

ぼくはこの映画を撮ったトリアー監督の作品を見るのは
ダンサーインザダーク以来2本目になるのですが
前作とこの作品と見て思うのは
この監督はすごく潔癖に思われる、ということでした。



ダンサー・イン・ザ・ダーク [DVD]

ダンサー・イン・ザ・ダーク [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹ホームビデオ
  • メディア: DVD







それは、マルキドサドに感じる潔癖さに似ています。

宗教を否定すればするほど宗教色が濃くなるってことですつまり。
例えば教会の教えを否定して、人間性を深くえぐろうとした結果
描写は人間本来が持っている善悪へと迫ってくる。
そして人間本来が持っている善悪っちゅうやつは、
すでに聖書に書いてあることのような気がするのです。

西洋では、モラル、イコール、聖書という側面から逃れられないのでしょう
聖書で書かれてるとおりには生きられない
人間はそれほど強くない
うん、あちらではそれを見せつける必要があるんでしょうね。

はい、日本人的感覚にはほぼ必要のないものかもしれんです、これは。
ほぼ必要のない方は、この映画からはほぼ嫌悪感しか感じられないかもしれんです。

「人間はそれほど強くない」というのは
坂口安吾の作品に出てくる言葉です。
だから、日本人に全くない感覚ではない、とも思うんですよね。

ぼくは、この映画、すごく好きです。
もしかしたらぼくの好きな映画ベストテン入りしたかも、というぐらいなもんです。
ダンサーインザダークよりヘビーでしたが、
ダンサーインザダークより好きです。
何より、舞台セットがいいよね。
シアホリーズで見てよかった。
今後の参考にします。
次の舞台では下に線引くのやめようと思ってましたが
やっぱり引くことに決めました。

一人で見るのはオススメしませんが
恋人同士で見るのはやめた方がいい、そんな作品です。
どうぞ、覚悟してご覧ください。
posted by m.hiro at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 座長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。