2010年08月31日

同じ音楽を繰り返し聞くということ。

以前は、古今東西の名作と呼ばれる小説はある程度読んでなければと
やっきになってあれやこれやと手にとって乱読したりしておりました。

ぼくも、まあ、活字中毒なところもありますが、
とはいえ読める量がずば抜けているわけでもなく、
読書量としてはごくごく人並みでありますので
古今東西の名作読破!というにはほど遠い結果になっているのでした。

買うだけ買って手をつけてない作品も数多く。
個人図書館ってな感じで便利ですけどね。
「あ、あの作家さん!」って感じで思いついても手元にありますから。

しかしこのところは昔に読んだ作品を読み返すことも多くなりました。
数多くたくさんの種類を読破、という趣味が
同じ作品を繰り返し読み解く、というところに少しずつ移行しているのかもしれません。

今日は音楽の話をするつもりだった……。
音楽に関してはその兆候が激しく現れていて
iTunesで繰り返し同じ楽曲を再生するもんだから
再生回数が一部だけクルクルと回っております。



Close to the Edge

Close to the Edge

  • アーティスト:yes
  • 出版社/メーカー: Elektra / Wea
  • 発売日: 2003/08/25
  • メディア: CD




このアルバムに収められている音楽はプログレッシブロックと呼ばれる類のもので
まあ、けったいなジャンルの音楽で、一曲が10分とか20分とかあるような
ある意味ややこしい音楽なんであります。

これも小説と同じように
名盤と謳われているからTSUTAYAで借りてきたけれども
実は聞いてみてイマイチよくわからず放置していたアルバムなのでした。
つい最近までよくわかっていなかったのに
これが、ここにきて急にヘビロテですわ。

yesは嫌いではなかった、というより
fragileというアルバムだけ好んで聞いていたんですけどね。
今考えてみたらコレが好きでなんでアッチがイマイチだったなのかよくわかんないんだけど。


Fragile

Fragile

  • アーティスト: yes
  • 出版社/メーカー: Elektra / Wea
  • 発売日: 2003/02/03
  • メディア: CD




しばらく次回作の脚本を書いていて
その間にこの類の音楽を流しっぱなしにしていたのが原因だと思われます。
でも、流しっぱなしはこれだけじゃなかったのに。
他の曲はそれほど引きずらないのにこのアルバムだけ心に残ったのか
その理由はよくわからない。
次回作の作品世界にピッタリあってしまったということなのでしょうか。
しかし同じ楽曲を、しかも今までさほど興味のわかなかった楽曲を繰り返し聞きたくなるなんて。
深読みしたらなにか理由が出てきそうな気もしなくありません。

さてさて。
少し話題に出ました劇団シアターホリックの次回作ですが。
12月公演だというのに、すでに脚本が書き上がりました!(えっへん!)
ホームページに情報を掲載しています。
シアターホリック第14回公演
「零れ落ちる女たち」

今回も他劇団からゲストをお迎えしております!
屋根裏舞台から渡辺枝里と大谷麻衣子!
そして劇団トライアングルから前田澄子!

今回はいつもにまして、よりシアホリ色を強めた作品になってます。
ゲストの皆さんには
いつもと違った表情を見せてもらえるんじゃないかと
これから始まる稽古を楽しみにしております!
きっとすごい芝居になりますよ。
3ヶ月先ですが、ぜひぜひよろしくお願いします。
予定を空けておいてくださいませませ!
posted by m.hiro at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 座長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。