2011年07月29日

マッチポイントを見ました




ウッディアレンの作品が好きでよく見るのですが
これは、何故今まで見なかったのか
これを見ずしてよくも「ウッディアレンが好きだ」なんて言えたもんだと
自分で悔やまれるほどの作品でございました。

ネタバレを含みますので未見の方はチラ見程度にしてみてください。
もしくは片眼で読むとか。


全編を通じて感じられるシリアスな空気は
他のウッディアレン作品とはちょっと違う雰囲気を感じました。
変に茶化すところはそれほどなくて
コメディというよりはラブストーリーといっても差し支えないのではないかと
そんな印象を持ちました。

ただ、展開としてはアレン節とでも申しましょうか
移ろう男心の細かいヒダヒダを指ですくい取るような内容で
これまでの作品と大きく違う!という感じではないように思いました。

ははあん、普段やってるアレン的展開からコメディ要素を取り除いたらこうなるんだ
というのがこの作品から得た最初の印象でありまして
それはつまり、痛々しくて見てられない!というようなものでありました。

見てられねえよ、マジで、そっち行っちゃダメ!っていうのがはっきりしながらも
そっちへ行っちゃう感覚がまた理解できちゃうもんだから
「ああ、ダメよ、ダメ、それ以上は……」と押し切られて乗っかられてしまった女子の感覚
(なんじゃそりゃ)
そりゃあもうね、痛々しいったらないの。

主人公の身には
偶然だけど、ありえないとは言い切れないくらいの
微妙な「幸運」がつながって起こります。
その度ごとに、主人公はその「幸運」に流されていきます。
違和感がないくらいの幸運。
気付いたら主人公の世界が大きく変わってしまっている。

細かく細かく状況を積み重ねて
観客にいくつかの選択肢を与えながら
そこに劇的な展開を作り出してハッとさせる
ウッディアレンの手腕は見事で
思わず唸ってしまいました。

ぼくには
1つの「これだ!」というアイデアでは名作になり得ない
「これだ!」が3つか4つ、
それも必然性を持ちながら有機的に組み合わさった作品こそが
名作となり得るのだ、という持論があるのですが
このマッチポイントを見て、その考えがまた強まりました。
これには複数の見事なアイデアが仕組まれています。
マッチポイントという言葉の持つ意味
そしてドストエフスキー(これがまた巧妙なんだ!)
金と愛欲の問題も
そして作品全体から感じられるウッディアレンのシニカルな視点
どれもがこの作品に必要なもので
また絶妙なバランスでかみ合っている。
実際、マッチポイントのアイデアだけでもすばらしい作品になり得たと思います。
そもそもが愛欲の物語なんだから、それだけでも……
いや、それだけじゃちょっと弱いか。
でもね、やっぱりね、愛欲と金を両天秤にかけるというテーマだけでも
そこそこ骨太な物語になり得ると思うんです。
この作品はそこに「マッチポイント」というエッセンスをつけた。
それで十分、映画として成立するだけのおもしろさがありますよ。
そしてこの作品がすごいのは、そこにドストエフスキーが絡んでくるってこと。
いやあ、ドストエフスキーの使い方が絶妙なんだ!
罪と罰も必読の作品かも知れません。
まず、罪と罰を読んで、その後にマッチポイント。
これで決まりでしょう。
見事でした。
すばらしい。

でもウッディアレンの作品を見た!という感じではありませんでした。
ぼくの好きなウッディアレン作品というのは
頭でっかちで皮肉屋でとてもシャイな男が恋に落ちて
もう、バカバカしいくらいに不器用で、どうしようもなくなっちゃって
というような作品ですので
ちょっとこの作品の印象とは違いましたね。
この作品と似たような感覚を「人生万歳!」から受けましたので
変わらずアレン的なテーマを取り扱ってはいるのだと思いますが。
ですのでウッディアレンに興味を持たれた方は
まずはアニーホールをご覧になってはいかがかと思います。
ぼくの好きなウッディアレンはこっちの方です。
オススメです。


posted by m.hiro at 16:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。