2009年09月28日

どくどくモンスター東京へ行く。


悪魔の毒々モンスター東京へ行く(VHS)

悪魔の毒々モンスター東京へ行く(VHS)

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: VHS






2泊3日で東京へ行ってきました。
目的は二つ。
文化村で上演中の「コーストオブユートピア」を見ること
そして「ラーメン二郎」でラーメンを食ってくること。

コーストオブユートピアは2009年9月12日から10月4日まで
シアターコクーンで上演されている作品。
蜷川幸雄が演出を担当
上演時間が9時間半という超大作であります。
詳しくはこちらをクリック。

ぼくは前回、2000年に蜷川さんが
同じく上演時間が9時間にもなる大作グリークスを演出した時も観劇しまして
これが、もう、すんごいおもしろくて
そういう経緯で今回、チケット代も高かったけど
まあ、奮発して見てみようと思い立ったわけでありました。

ストーリーは革命以前ロシアの思想家たちが
あーでもない、こーでもないと9時間半悩み倒すという内容で
台詞や場面設定には小難しい歴史的なんちゃらが頻発いたします。
正直言って、ロシア、思想、文学、歴史、その辺にまったく興味がなければ
ちょっと難しいんではないかなと思いました。
だからってんじゃないけど、ロシア大好きなぼくにとっては
直球ど真ん中の作品でありましたよ。

悩んで、恋をして、また悩んで。
幸せな人たち!

グリークスの場合は、1本1時間のギリシア悲劇10本立てって感じで
とても見やすく、また途中にクライマックスが何度もやってきて
スリリングなお芝居になってたと記憶してます。
今回はそれに比べると、すんごい長い10時間半の芝居を一本見たという印象。
ラスト近くはまるで1Q84を読んでいる時のように
「あれ? これ、時間的に終わるんでないかい?
まだお芝居続きそうだけど、終わるよ、終わる、終わる、あー終わったー!」
そんな感覚になりました。
10時間以上見てるのに、もうちょっと見たいって思うなんてすごくね?

ブルジョアに対する疑念
でも、それを声高に叫ぶのもブルジョアなんだよね
結局ブルジョア同士のじゃれ合いなんだ、言葉悪いけど
いつの時代も民衆は忘れられている
ホント、忘れられた町「高知」に住んでるとそういうことを痛感する
最低限の道は作れよ国土交通省
うん、話が逸れてしまったね。

なんちゅうか、脚本がすごいのもわかるし、演出がすごいのもわかる
でも真っ先にあの戯曲を演じきった俳優さんたちに拍手! わーぱちぱち!
以前、三谷さんのお芝居を観た時に感じたもの
チームワークというか、なんというか、
飛び抜けてすごい人がいない
みんながすごいような気がする
そしてなんか全体的に舞台を覆う追い風ホーム感
だから逆にすごく期待していた栗山千明とかは最初「あれ?」と思ったけど
見ているウチに「あー、この演技がこの作品には合っているんだ」と感じ方が変わった。
そしてカーテンコールの時の栗山さんが清々しいこと。
また好きになったよ、ゴーゴー夕張。

とにもかくにも素晴らしい作品でありました。
ロシア革命前後の思想家たち
そしてフランス革命前後のヨーロッパの歴史
すごく興味がわいた。
また今度調べてみようかな。

----

そしてもう一つの目的も達成。
ラーメン二郎。

IMG_0299.JPG

食券制になっております。

IMG_0302.JPG

普通盛りはこの色。

IMG_0301.JPG

そしてカウンターのみの店内に入り
ラーメンが仕上がるタイミングで店員さんがアイコンタクトで聞いてくる。
常連さんは流ちょうに応えるんだけども
「野菜ダブル、辛めで」
「野菜トリプル油多め」
「ニンニク」
しかしぼくは初めてのお店でひるんでしまってるじゃないか
「あの、普通で……」

どーんと現れたラーメンはこれだ!

IMG_0303.JPG

どんぶりの中にはギュウギュウにつまった麺が隠れております。
これで普通盛りなんて、それじゃ大盛りってどれだけなんだよ。
トリプルで野菜をトッピングしてたお兄さんのを横目で見たら
まんが日本昔話みたいに野菜が乗せられていた。


写真があったのでリンクしてみる。

そして、説明するまでもありませんが、まんが日本昔話のご飯はこれ。

mogumogu-S400.jpg

あそこだけ時空が歪んでるぞ。
ラーメン二郎。
また行こう。

----

お疲れ様でした。
しばらくはお仕事をがんばります。
劇団もね。
posted by m.hiro at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 座長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
生阿部寛、いかがでしたか*´ω`♪
よいなよいなぁ☆私も東京行きたす〜!

まさかサイズのラーメンだったら、万々飯店のチャンポンメンぜひお試しを!

並盛やばいですよww
Posted by sanadamaru at 2009年09月29日 16:12
ママ飯店のチャンポン、食ったことあるよ。
つうかあそこは全てにおいてラージサイズ。
スタバでいうとこのグランデだな。
もう俺は歳だから大食い禁止令発令中なのだよ!
自粛!
Posted by m.hiro at 2009年09月29日 20:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129067490

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。