2010年09月03日

コンビニの店員にややこしいことを頼む客。

まるでハイキングウォーキングのネタみたいなタイトルですが。

ぼくはレーザープリンタを使っています。
レーザープリンタのインクにはインクトナーという特別な物を用います。
一枚あたりの印刷コストはインクジェットに比べて安価なんだけど
まとめて2万枚分とかで買うから高いのなんの。

そんで、「もうちょっと安くならんか」ということで
一旦使ったインクトナーの容器を業者に送り、
中身を充填したトナーを返送してもらうという
リサイクルトナーなるものの出番となるわけです。
リサイクルトナーは純正ではありませんが
値段は半額以下のものもあるので普段から利用しているのです。

今、説明しましたとおり、トナーの容器を送って
それに中身を充填してもらうという流れが一般的のようです。
または使用済みのトナー容器を返送する。
容器を繰り返し使って、中身だけを入れ替えるという仕組みなんですね。

容器の発送にかかる料金は業者さんの着払いというスタイルがほとんどです。

---

さて。
我が家のトナーが切れたので早速リサイクルトナーを注文、
例にならって着払いの伝票と梱包した空のトナー容器を持ってコンビニへ出かけました。
着払い伝票は業者さんから印字された物が送られているので、
箱に貼って発送するだけ、手間を省いた優しいシステムになっておりました。

普段は「コンビニで着払いなんて面倒なこと、ちゃんとやってくれるだろうか」と
若干心配になったりもするので、配送センターにそのまま持ち込むのですが
今回はあれやこれやと時間に余裕がなくて、
近所のコンビニに持ち込むことになったのです。

店員さんは二人。
二人とも見かけ多少ギャル系が感じられる女の子でした。
「着払いで行けますか?」と聞くと「大丈夫ですよ」と気持ちのいい返事がありました。

片方の女の子が荷物を受け取り、
多少の間があった後、
中身はなんだろうというように横にしたりひっくり返したりと
箱を物色するように確認をはじめました。
もう片方の子が秤を出してくると箱を持っている女の子から荷物を渡され
秤に荷物を乗せ、同時に小さいメジャーで寸法を測りました。
さっき箱を上げたり下げたりしながら確認していた女の子が、
今度はレジに向かって荷物の情報を入力し始める。
ここまではよく見るコンビニの風景です。

レジの画面を見るともなしに見ていると、
配送先が高知県高知市になっています。
レジの彼女はどうやらぼくの住所を配送先として入力しているのです。

こういう時、どのタイミングで指摘したらいいものか。
一番いいのは気付いてすぐなんだろうけど、そのタイミングはすでに逃してしまいました。
後から指摘するのは、なんか性格が悪く思われそうで
かといって必要以上に優しく言うのはいやらしさを感じて
でもこのまま放っておいたらトナーカートリッジは
ぼくが発送したにも関わらずぼくの家に届いてしまいます。

と、ちょうどいい具合に女の子が「あれ?あれ?」と首をかしげている。
このタイミングだ!と思い
「これ、ぼくんちですよ、宛先、ぼくんちになってます」と彼女に告げました。

「あ、はあ、そうですね」
どうやら彼女も住所がおかしいのには気付いていたようです。
彼女のあまりの肩すかしなリアクションにがっかり感が拭えませんでした。
「あの、ここね、これはぼくの住所。そしてこれが発送先……」
繰り返し言いながらぼくの持ってきた伝票を見るとそこには住所らしきものは見あたらず、
宛先の欄にはただ、○○配送センター止めと書いてある。
女の子はぼくの顔を見つめ、静かに一言
「これ、どこですか……」と言いました。
ぼくも静かに首を振りつつ「わかりません……」と答えました。

---

伝票の記載をよく見ると郵便番号らしきものがあったので
それをiPhoneで検索かけて、ようやく宛先が埼玉県だということがわかり
すると女の子も普段の活気を取り戻し(普段なんて知らないけど)
サクサクと情報を入力して、無事に受け付け終了、
と思ったのですが
最後に出てきたレシートを見て、また彼女は首をひねっている。
もう一人の女の子を呼んで、レシートを見合ってなにかぼそぼそ喋っている。
「その到着予定の日付と受付の日付をその伝票のそこに書いたらいいだけじゃん!」
さっきのこともあり、タイミングを逃さず言うのが大事だと思って
「あの、ここ、ここに日付を書いたらいいんですよ」と言いました。
すると彼女はぼくの発言をスルーしてぼくに向き直り
レシートを見せながら説明を始めました。
「あのこれ、受付が9月2日になってて、配達予定日も9月2日になってますけど、
どう考えても今日は着かないので、きっと明日の配達になると思います」
ぼくは黙り込んでしまって、「……ああ、はい、あーわかりました」と言うのが精一杯でした。


---


教訓。
コンビニはいろんな業務があって大変なので
ややこしいことは持ち込まない方がよさそうだ。
posted by m.hiro at 12:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かにコンビニバイトしてた時は
配達物を持ってこられるお客様がいらっしゃった時は
かなりてんぱった覚えがあります(笑)
Posted by こむ茶 at 2010年09月28日 20:58
おおおお。
こむちゃん。
コメントありがとー。
そうか、コンビニバイト経験者かぁ。
あの仕事はしんどいよなあ、何でも屋だからなあ。。
Posted by m.hiro at 2010年10月04日 14:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。