2010年11月13日

札幌ハムプロジェクトのサンタめん見てきました。

11月8日、蛸蔵にて。
札幌ハムプロジェクトさんの作品「サンタめん」を見てきました。

札幌ハムプロジェクトというからには札幌の劇団なのであります。
札幌ハムプロジェクトと名乗っておいて佐渡から来ました!というのでは困ります。
また、苫小牧から来ました!では、ぼくら北海道に馴染みのない人間では
「惜しいのか?」と一瞬思ってしまいますが
地図を確認した所、これは惜しいのかどうなのか微妙な所で
本来は「全然違うじゃん!」の方がおもしろいと思って「苫小牧」を出したというのに
なんだよ、近いのか遠いのかはっきりしねえじゃんかなんて企画倒れな感じがし始めて
「苫小牧」を思わず選んだことを猛烈に反省するという結果に陥ったのでありました。

ちなみにぼくは東京都町田市在住時代に『東京エレガントナイト』という
演劇ユニットを組みましたが
そういう意味では東京はとても寛大だと思います。
ぼくが今、高知にいながらも『東京○○』を名乗っても許してくれそうな気がします。
東京03の向こうを張って東京042なんてどうでしょうか。
まあ、そこまで町田市にこだわらなくてもいいんですが。

話が大きく蛇行しました。
サンタめんを見てきたのです。

まだこれから九州、そして関西、追加公演の岡山もあるので
中身に関して詳細を語るのはやめにしますが。
いやあ、面白かった。
とてもクオリティの高いお芝居でありました。

クオリティという言葉はとても難しい多様な言葉で
まあ、単純に訳せば、質、ということなのでしょうが
何が難しいって、質というのは感じる側のその視点によって
随分価値が変わるものだと思うのですよ。
今回のお芝居は
何しろ4人しかいないのに4人とも俳優として出演しちゃってるものですから
出演しながら袖にいる俳優が明かりと音をいじるという
かなり無茶な演出でありまして
そして美術や効果も簡易なもの
例えば照明が作業灯であるとかね
そういうテイストでセットされていました。
しかし、その随所に、気配りのような
つまりそれが演出家の配慮ということなのでしょうが
お芝居を楽しむための仕掛けが細かく用意されていて
そのアイデアの一つ一つが見事で、ハイレベルだと感じさせました。
例えば、例えば、とレポートしたい所ですけどねえ。
これからみる人のために期待を煽った所でやめておきましょう。

いやはや、シアホリでもかつて
口数の多い女たち」で俳優が音を出してましたけどね。
舞台の横にサンプラーを置いて、手の空いた俳優が音を出してましたから。
あの時を思い出して半分懐かしくもありました。
あの芝居には袖という概念がありませんでしたから
音を出してる俳優の姿が丸見えでしたねえ。

また話がそれました。サンタめんに戻りまして。

作業灯だけというのは、ある意味、質が高いとはいえないかも知れません。
そりゃ、しっかり灯体を吊り込んだ方がいいに決まってるから。
しかしね、照明を吊ったからって芝居がよくなるとはいえないのも事実ですよ。
吊った照明がまるっきり無意味ということも、悲しいけれども、あるわけです。
たくさん照明の灯体を吊り込んだ舞台でも
アクティングエリアとずれちゃってろくすっぽ見えない時があるんだから。
そういう舞台を見ている哀しさといったら、これは想像を絶するものがあります。
どれだけ機材をつぎ込んでも、カゲばっかりでストレスを感じる舞台は
やはり質としては低いわけです。
作業灯しか使ってないのに、そういうストレスを感じさせず
しかもその照明が効果的に使われているとしたら
それは言うに及ばず、上質な芝居とはっきり言えるのではないかと。

スタッフワークだけでなく、演技もとても素敵でした。
このお芝居には、たくさんの演劇的魅力が詰め込まれていたように思います。
声を張る演技も、控えめで自然な演技も、
その多様な演技スタイルが矛盾することなく一つのステージに共存していました。
現在の演劇には、これほどまでにたくさんの感覚が詰め込むことが出来るんだと
ぼくは演劇ファンとして純粋に感動してしまいました。

物語もすばらしかった。
主人公のタローくんが、ちょっと頭の弱い子という設定のため
彼に理屈っぽい台詞が用意されておらず
そのため、言葉では表現できない何かがこの作品の大きなテーマになっていました。
この物語の「言葉にならないモヤモヤ」が物語に深みを与え
ラストシーンの「よくわからない感動」につながったと思います。
そう、この話って、自分がどうして感動してるのか、よくわかんないんだよなあ。
それがすごく演劇的な感覚だと思えて、ぼくはとてもとてもグッと来てしまったのでありました。

残念なのはお客さんの数が少なかったことですねえ。
ギャグもとてもおもしろかったのに。
笑いはたくさんのお客さんがいないと大きくつながっていきませんからねえ。
満員の客席で見たらもっと楽しかっただろうに。
来年はもっと宣伝に協力できたらと思いました。
また来年も来てね。
posted by m.hiro at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/169202444

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。