2011年07月29日

マッチポイントを見ました




ウッディアレンの作品が好きでよく見るのですが
これは、何故今まで見なかったのか
これを見ずしてよくも「ウッディアレンが好きだ」なんて言えたもんだと
自分で悔やまれるほどの作品でございました。

ネタバレを含みますので未見の方はチラ見程度にしてみてください。
もしくは片眼で読むとか。


全編を通じて感じられるシリアスな空気は
他のウッディアレン作品とはちょっと違う雰囲気を感じました。
変に茶化すところはそれほどなくて
コメディというよりはラブストーリーといっても差し支えないのではないかと
そんな印象を持ちました。

ただ、展開としてはアレン節とでも申しましょうか
移ろう男心の細かいヒダヒダを指ですくい取るような内容で
これまでの作品と大きく違う!という感じではないように思いました。

ははあん、普段やってるアレン的展開からコメディ要素を取り除いたらこうなるんだ
というのがこの作品から得た最初の印象でありまして
それはつまり、痛々しくて見てられない!というようなものでありました。

見てられねえよ、マジで、そっち行っちゃダメ!っていうのがはっきりしながらも
そっちへ行っちゃう感覚がまた理解できちゃうもんだから
「ああ、ダメよ、ダメ、それ以上は……」と押し切られて乗っかられてしまった女子の感覚
(なんじゃそりゃ)
そりゃあもうね、痛々しいったらないの。

主人公の身には
偶然だけど、ありえないとは言い切れないくらいの
微妙な「幸運」がつながって起こります。
その度ごとに、主人公はその「幸運」に流されていきます。
違和感がないくらいの幸運。
気付いたら主人公の世界が大きく変わってしまっている。

細かく細かく状況を積み重ねて
観客にいくつかの選択肢を与えながら
そこに劇的な展開を作り出してハッとさせる
ウッディアレンの手腕は見事で
思わず唸ってしまいました。

ぼくには
1つの「これだ!」というアイデアでは名作になり得ない
「これだ!」が3つか4つ、
それも必然性を持ちながら有機的に組み合わさった作品こそが
名作となり得るのだ、という持論があるのですが
このマッチポイントを見て、その考えがまた強まりました。
これには複数の見事なアイデアが仕組まれています。
マッチポイントという言葉の持つ意味
そしてドストエフスキー(これがまた巧妙なんだ!)
金と愛欲の問題も
そして作品全体から感じられるウッディアレンのシニカルな視点
どれもがこの作品に必要なもので
また絶妙なバランスでかみ合っている。
実際、マッチポイントのアイデアだけでもすばらしい作品になり得たと思います。
そもそもが愛欲の物語なんだから、それだけでも……
いや、それだけじゃちょっと弱いか。
でもね、やっぱりね、愛欲と金を両天秤にかけるというテーマだけでも
そこそこ骨太な物語になり得ると思うんです。
この作品はそこに「マッチポイント」というエッセンスをつけた。
それで十分、映画として成立するだけのおもしろさがありますよ。
そしてこの作品がすごいのは、そこにドストエフスキーが絡んでくるってこと。
いやあ、ドストエフスキーの使い方が絶妙なんだ!
罪と罰も必読の作品かも知れません。
まず、罪と罰を読んで、その後にマッチポイント。
これで決まりでしょう。
見事でした。
すばらしい。

でもウッディアレンの作品を見た!という感じではありませんでした。
ぼくの好きなウッディアレン作品というのは
頭でっかちで皮肉屋でとてもシャイな男が恋に落ちて
もう、バカバカしいくらいに不器用で、どうしようもなくなっちゃって
というような作品ですので
ちょっとこの作品の印象とは違いましたね。
この作品と似たような感覚を「人生万歳!」から受けましたので
変わらずアレン的なテーマを取り扱ってはいるのだと思いますが。
ですのでウッディアレンに興味を持たれた方は
まずはアニーホールをご覧になってはいかがかと思います。
ぼくの好きなウッディアレンはこっちの方です。
オススメです。


posted by m.hiro at 16:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

映画「山猫」を見ました。

ルキノヴィスコンティ作「山猫」を見てきました。



つい最近、NHKでヴィスコンティのこだわりについて
見たばかりでした。
ヴィスコンティは、セットの外に飾られた薔薇の花を見て
「なんだこれは、造花じゃないか。植え替えろ」と指示を出したそうです。
ほとんど映り込まない風景にまで
本物を追求するのがヴィスコンティスタイルなのでありました。

「山猫」は没落しようとしている貴族を描いた映画です。
本物を追求した貴族映画ですから
これはもう、絢爛豪華。
目を奪うような衣装、室内装飾、美術品。
いやはや、ため息の出るくらいに貴族の世界がきっちりと描かれていました。

没落する貴族と新興のブルジョアジー。
金持ちたちの日常を描きながら
変わっていくものと変わらないものを緻密に表現した作品でした。

貴族の生活は美しく飾り立てられ、ゴテゴテとしていて
ハッキリ言ってしまえば不必要なものに囲まれています。
しかしそこには人を惹き付ける魅力があるのも事実です。
キラキラした生活がしたいと望むのは
夢見がちで純粋な、罪のない可愛気のあることかもしれません。
しかし生まれてこの方社交界で暮らしてきた貴族たちにとっては
それが代わり映えのしない、うんざりとしたものに見える。

つまり、自分の存在価値がそこに感じられないんじゃないか
自分がいてもいなくても、なんにもかわらないんじゃないか
そういう風にも思えてくるのかもしれません。


終盤の舞踏会のシーンは、
本物にこだわったヴィスコンティによる演出の
絢爛豪華な社交界が描かれますが
これが特別なことではなくて、日常的に行われる
ごくごく普通のことだと観客が気付いた時に
一瞬で醜悪なものに姿を変えるのであります。
はっきりと描かれないだけ、その感覚には個人差があると思え
ぼくはこの映画の恐ろしさに気付いたのでありました。

オススメの映画です。
3時間あるけど。
posted by m.hiro at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

映画「フルメタル・ジャケット」を見ました

映画、フルメタル・ジャケットを見ました。

フルメタル・ジャケット。
 ↓


ベトナム戦争を描いた映画というと地獄の黙示録なんかが有名ですが
この作品も負けず劣らず名作として名高い作品です。
そして実際におもしろく拝見しました。

キューブリックさんの作品は、物語の展開より大事だと判断された事柄があれば
ポーンと物語を突き放してしまうところがあるように見受けますが
そういうキューブリックさんにしてみれば
この作品は物語を比較的重要視していたように思います。

そしてラストの展開では、ぼくは結構な衝撃を受けました。
しかしこの展開に、「ははあ、なるほど」程度の印象しか感じられない方も
結構いるのではないかとも思いました。

この映画は観客のモラルを試してくる
いわば、見る側をふるいにかけるような作品だったようです。
たくさんの人が死ぬ中で、観客がその死に慣れてしまったら
このラストシーンなんて単調なものにしか感じられないでしょう。
「戦争なんてそんなもんだろ?」と思った瞬間に
この映画は単調きわまりないものに姿を変えてしまう。
映画というウソの世界の中で、どれだけ死をリアルに感じられるか
そこで感想が真っ二つに分かれるのではないかと思いました。

戦争映画であっても、人が死ぬというのはぼくはイヤでして
逃げ惑う民間人を射撃したり、
犬死にが相次いだりと、そういうシーンを見ていると
戦争には絶対に関わりたくないという考えが強くなってしまいます。
幼稚なことを言っているようですが、
その幼稚なことの中にこそ真実があるように思います。

どんな高邁な思想があったとしても
そんなもの戦場では関係ない。
そして戦場では犬死に以外はありえない。
その犬死にに人はいろんな解釈を与えて納得しようとしますが
戦争や暴力の前ではそんな解釈は吹っ飛んでしまう。
「偉大な死だ」と言った所で、死んだものは仕方がありません。

この作品で描かれている戦争はかなり生々しく、リアルでした。
そりゃ劇映画ですから、ドキュメンタリーのようなリアルさではありませんが
フィクションとしてのリアルさは十分に感じた。
地獄の黙示録におけるワーグナーのシーンの方が過剰な演出のようにぼくには思えます。
いい悪いではなく、演出法としての話。

これは反戦のメッセージを押しつけるわけでもなく、ただしっかりと戦争を描いた
そういう作品だと、ぼくは受け取りました。

ぼくはキューブリック的な美術やカット割りが好きなのですが
この作品ではあまりそういうものがなかったように思います。
それに関してはファンとしては少々残念な気持ちになりました。
ただ、選曲は抜群にすばらしかったと思います。


ぽこぽこと人が死ぬ。
殺すか殺されるかの二者択一を常に迫られている。
そして戦争は人を狂わせる。
水木さんのマンガを読んでも
奥崎謙三先生の生き様を見ても
地獄の黙示録でも、この映画でも
戦争を描いた作品では同じような状況が描かれているので
戦争とは多かれ少なかれ似たようなものなのでしょう。
たとえば国によって、国民性で軍隊の性質が違ったとしても、
その本質はきっと変わらない。
だからこそ、そんなものには関わりたくないと強く思うのでありました。
posted by m.hiro at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。